読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1歳からの育児日記

1歳の息子を持つ父親の育児日記です

2016年12月31日(土) 1歳と32日目

タイ、最後の朝。いつもの通り、外で息子の朝食。いつまでも青菜炒めを食べる、息子。周りの人たちが気になるのかキョロキョロ。

 

息子と朝の散歩へ。いつもすぐに寝るが今日はなかなか寝ない。いつもとはちがう新しい道を散歩してみる。楽しい。しかし戻れなくなる。結局、息子と一時間ぐらい歩いていた。

 

どうも息子に熱があるよう。風邪をひいてしまったか。パッキングも終わり、タクシーで昨日の食堂へ。あまりに美味しかったので今日も。息子も熱がありつつよく食べる。セブンイレブンで冷えピタを買う。息子のおでこに。

 

空港で荷物を預けて、ショッピングモールまで歩く。息子をあのゲーセンへ連れて行く。お金を入れない筐体で遊ぶ息子。お金を入れてあげて動き出すと泣き出す。乗り物が苦手なのだった。

 

ソンテオで空港へ。待合室で息子にご飯を食べさせる。ヨーグルトとお昼の美味い麺。息子、熱はあれどよく食べる。熱はいよいよ38度以上に。元気だけど…。

 

お嫁さんに抱っこされて寝たり、シールで遊んだりしながらバンコクに到着。ここでしばらく時間が。息子が寝たすきに二人で乾杯。息子、起きてすぐなら解散。抱っこ紐で息子は寝て、いざ飛行機へ。しかし、ここでさらに高熱。キャビンアテンダントも心配そう。熱をはかろうとするも普通の体温計で、ギャン泣き。その後、息子はしばしの睡眠とギャン泣きを繰り返す。熱もつらそう。バシネットでようやく寝始めたところで、日本に着きそうに。もっとはやくみるくをあげればと夫婦で後悔。このときにはもはや1月1日。可哀想な年明けとなった。