読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1歳からの育児日記

1歳の息子を持つ父親の育児日記です

2016年12月18日(日) 1歳と19日目

朝。体調が悪い。気持ちが悪い。

朝食を食べた息子とお風呂へ。ふらふらしながらもお風呂で遊ぶ。

 

今日は夫婦で観劇の予定。その間、息子は託児。お嫁さんに息子のお弁当をつくってもらうために、息子と公園に出かける。最近、息子は朝の昼寝が出来ない。ねんね、と言って布団に行くくせに出来ない。ということは、本当に出来ないんだろうな。信頼している。

 

ベビーカーで寝るかと思ったけど、起きる。合間にコーヒーとホットドック。しっかり起きたので、公園で遊ぶ。やはり砂場の砂を食べる。女の子に注意されていた。前は好きだったブランコでは物足りなさそう。結構、たっぷり1時間ほど遊んだ。

 

帰宅。出発。

 

バスで移動。最近、息子はバス苦手らしい。でもお嫁さんの予想通り、寝る。かわいい。そのまま電車に乗って劇場へ。劇場の5階で託児。わたしは体調悪く、トイレへ。預ける直前に起きて、泣いていたらしい。

 

観劇。

 

息子を引き取りに戻ると、ご機嫌でお出迎え。「よく話しがわかりますね、お母さんが来るよと言ったら自分で玄関に行って待ってました」とのこと。息子が褒められるとかなり嬉しい。しかし、よくよく考えると自分が何かしたわけでもない。すべては息子なのだから、自分が褒められたみたいな錯覚はよくないと思った。

 

息子ともども、出演者との面会へ。最初は怖がって泣いていた息子も、じょじょにご機嫌に。眠いだろうに、愛想を振りまきまくっていた。電車とバスで帰宅。電車の中ではパンをむさぼり食べていた。案の定、晩御飯はうすめ。

 

お風呂に入る。お嫁さんがちんちんと言うと、わたしのちんちんを触ってきた。伝わってしまっている様子。わんわん、パパ、ママ、ババ、ねんね、につづいての、言葉がちんちんか。

 

自ら「ねんね!ねんね!」とまくし立て、布団に移動し、就寝。横で少し寝る。起きることもない。朝寝はしたくないのかなぁ。